個人事業主・法人を問わず、会計経理ソフトは必須のツールとなっています。事業を立ち上げてまず最初に行うのが、銀行口座開設、ビジネス用クレジットカードの発行、そして経理ソフトの導入と言っても過言ではないくらい大切なツールです。これまで、経理ソフトには数多くの種類がありましたが、最近の流れとして「クラウド会計」が主流になりつつあります。今回は、クラウド会計を主眼にしてブログとして記載させて頂きます。

クラウド会計とは何か?

クラウド会計とは、インターネットを使用できる環境であれば直ぐに誰でも会計処理を行うことができる「会計システム」のことを示します。そして、この会計システムを「クラウド会計ソフト」or「クラウド型会計ソフト」と呼びます。一方、私達の良く知る 弥生会計や、勘定奉行大蔵大臣TKCJDLPCA会計 などは、クラウド会計型とは呼ばれず会計ソフトと呼ばれクラウド会計とは区別されます。

クラウド会計のメリット

まず、クラウド会計ソフトを導入した時のメリットを見ていきましょう。


経理初心者でも始めやすい

経理実務経験がない人でも、分かりやすく入力できる仕組みになっています。専門用語も少なく、ヘルプ機能やサポート機能が充実しているので、初心者にとって経理業務のハードルが比較的低い。


銀行口座やカード明細は自動連携できる

ネットバンキング対応の銀行口座の入出金明細や、クレジットカード明細を自動で取得できるので、入力の手間が削減します。また、請求書と連携して売掛金を立ててくれたり、仕訳がスムーズになるような補助機能が充実しています。


経営状況をリアルタイムで把握できる

入力した数字を元に経営状況を判断するためのレポートをすぐに作成することができます。そのため、最新情報を見ながら今後の経営戦略を考えることが可能です。

決算書・確定申告書類を自動で作成できる

日々の入力作業を行うだけで、貸借対照表・損益計算書などの決算書類を簡単に作成できます。また、確定申告書類作成を補助してくれる機能もあります。但し、元の仕分けが間違っている際のアラート機能などはありますが、その判断が正しいか決断は行えません。

常に最新のソフトを利用できる

パソコンにインストールして使うソフトと違い、ブラウザ経由でサービスにアクセスするので、利用するのは常に最新のシステムです。ソフトが更新するたびに再インストールする必要もなく、パソコンを買い替えてもすぐに利用できます。 そのため、余分にお金がかかることがなく経済的です

データバックアップで安心できる

会計データは、クラウドサーバー上に保管されます。そのため、何か災害などが起きてパソコン自体が破損しても、データは消滅せずいつでもバックアップがされています。


クラウド会計のデメリット

クラウド会計のメリットは、おおいにありますが、一方でデメリットが全く無いというわけではありません。導入にあたっては、これらのデメリットについてもきちんと認識して比較した上で再度検討して下さい。


毎月ランニングコストがかかる

ソフトを購入してインストールするものと違い、月額利用料を払うのがクラウド会計ソフトの特徴です。そのため、毎月固定費用を会計ソフトに費やさなければいけないと考えて下さい。

セキュリティに不安がある

外部のサーバー上に会計データや、口座・クレカ情報を登録するので、万一トラブルが合った時は被害が大きくなってしまいます。

<結論>

クラウド会計ソフト、会計ソフト各々メリット・デメリットがあるため、自分の状況に合わせてどのような物を導入する必要があるか考えてから導入を検討して下さい。

栃木県宇都宮市で税理士をお探しなら是非、田港税理士事務所をご用命下さい。全力でサポートさせて頂きます。